みんなのダイエット体験談

みんなのダイエット体験談

ファスティング向いてない

群馬県草津のファスティングに3泊4日でチャレンジしました。
中は、まさに高級ホテル。宿泊客は4組ほど。共有スペースでは読書をしたり静かに過ごせます。
冬に参加したので、美しい雪景色を見ながら、心も落ち着く空間でした。温泉もあるので、お肌もツルツル。
ただ、一つ、リゾート旅行につきものの、“美味しい料理”だけがありません。
ここで口にできるのは、基本は野菜ジュースと番茶と梅干しのみ。夜には、具なしの味噌汁がでます。
これだけしか口にできないので、食事の時間には、こんなにゆっくりジュースを飲んだことはない!というくらい時間をかけてジュースを飲み、お茶を飲み…。
具なしの味噌汁がこんなに美味しいと思ったことはありません。

 

場所は草津の温泉街付近。うっかり外に出ると、温泉まんじゅうなどの良い香りがプンプン鼻を刺激し、色んな食べ物の誘惑が襲ってきます。なんで、基本はホテルでゆっくりくつろぎます。
体、健康に関する本がたくさん置いてあったので、読みふけりました。
それから、温泉に入り、ゆっくり昼寝をして、とにかくのんびり過ごします。
エステも受けちゃいました。

 

最終日には、数日物を入れていなかった胃がびっくりしないように、体に優しい軽い食事を食べてチェックアウトになります。
お会計でちょっとびっくり。ご飯も食べていないのに、こんな値段!高っ!と。七万近く払いました。これだけ払えば、けっこう良い旅行できたな…と。

 

さて、ファスティング後というのは、胃が空っぽに近いので、食べ物の吸収率が高いので、消化に良いものや和食を中心に少しずつ普通の食事に戻さないといけません。ジャンクフード、お菓子はもってのほか。一気に吸収して、むしろ太ってしまう可能性が!

 

ファスティング中、食べなかった分、2キロほど落ちましたが、ホテルを出た瞬間、食べたい欲求がムクムクと。
家に着いたら、いきなりどか食いに走り…。一気に2キロ分戻りました。

 

食事のないリゾート旅行へ行ったと思うことにしました。

 

ファスティング、向いてない!

 

 

レコーディングダイエット体験談

「食べたものを記録する」という方法でダイエット(体型維持)をしています。
飲み物や飴など、どれだけ些細なものでも、カロリーがある限りは必ずレコーディングします。
自作のノート・メモ用紙・スマホアプリなど、何でもいいんです。とにかく毎日、自分がどれだけのカロリーを摂取しているかを知るところから始めます。
そのうち、だんだんムダなカロリー摂取がわかってきます。
こんな夜遅くに完食してたんだ!チョコ一粒でこんなにカロリーがあるんだ!など、反省点も見えてきます。
「レコーディングするのが面倒だから完食をやめよう」という意識さえ芽生えてきます。
無理に1200カロリー内におさめよう…というようなダイエットではありませんので、ご注意を。
あくまで、食べたものを記録していき反省点を見つける、といった方法です。
最初の内は楽しくて毎日記録するけれど、だんだん飽きてきて記録しなくなるという人もいるかもしれませんが…
モチベーションを保つためにも、スタンプを押す・シールを貼る・可愛いノートを使うなど、気分転換をしつつも長く続けていけるといいですね。
家族や恋人などに、記録したものを毎日見せるやり方もいいと思います。
慣れてきたら運動などで消費したカロリーも記録するようにしましょう。
ついうっかりお菓子を食べ過ぎた日も、夜のウォーキングで取り戻す!など、有意義な方法があります。
このダイエット法は、几帳面で真面目な人ほど向いていると思います。
レコーディングをすることにより、健康管理・自己管理もきちんとしていきたいですね。

 

移動を自転車にすることで、随分、運動不足が解消されてきた

運動不足なのはわかっていても、続けて何かをするというのが、性格的になかなか難しくどうしたものかと思っていました。そこで考えたのが、移動を車や交通機関ではなく、自転車ですれば少しは運動になるのではないかということです。自転車なんてと思われるかも知れませんが、自分にとって自転車といえば、子供の頃に乗っていた程度で、学生時代にも自転車通学等をしたことがなく、既に乗ることができないのではないかと心配もありました。案の定、最初のうちは短距離でも怖く、歩くより時間がかかっているのではという状態でしたが、徐々に慣れてきて、運動になるくらいの距離も乗れるようになりました。スポーツをするほどの運動量は無いかもしれませんが、何もしないよりは少しでも運動になっているように思います。登り坂等は、頑張ってこぐとすごく力を使うので、足も鍛えられているとように思います。スポーツジムなどでも、自転車をこぐようなマシーンがあったりするので、そう考えると、自転車移動もちょっとした運動のひとつなのかなとも思います。「運動しなければ」と意気込んでしまうと、なかなかおっくうになったり、私のように続かなかったりということが多い気がしますが、「移動は自転車」はどこかへ行くという目的があることがほとんどなので、無理なくできる手っ取り早い運動のひとつかなと思います。目に見えて何か効果があるかはまだわかりませんが、体力作りや健康維持の少しは役に立っているはずと思っています。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ